ジャランジャラン

kinji45.exblog.jp

インドネシア語で”散歩”の意。 かまえないで、日々感じた事を書いて行きたい雑記帳みたいなものにしたい。

ブログトップ | ログイン

「Ecosophiaーアートと建築」を、見に

行ってきました。 終日、自宅で仕事するつもりでしたが、朝ネットで見たこの展覧会、大阪の堂島で開催されているという事で、ちょっと昼から家人と見に行ってきました。
堂島リバービエンナーレ2011「Ecosophia-アートと建築」という展覧会です。
Ecosophia(ecology+philosophy)という事で、詳しいテーマは上記の公式サイトに出てますが、凡人の僕の大雑把な感じですが、3.11の大震災以降、何かしら今までの生活、生き方でいいのか、というような事を未来にむけて考える事が、大なり小なり皆それぞれにあり、普段の生活の中で、おりおりに具体的に感じる時がある訳で、そんな時にアーティスト、建築家、音楽家それぞれの作品で、どんなメッセージを表現できるのかといった展覧会だと思います。 正直、解説を読んで、なるほど〜という感じ
で、僕の浅い見方では難しい展示で、作品の側には余計なキャプションもなく、会場全体に流れる坂本龍一のこの展示の為に制作された音楽作品「エコソフィア」(旋律というより、たんたんと自然界の音を紡いだ様なイメージでした)の流れる中、「気圏」「水圏」「地圏」とテーマにそってそれぞれのアーティストと建築家の作品、またアーティストと建築家の共同作品などがシンプルに存在しているといったスタイリッシュな展覧会でありました。(受付でもらった解説文を読んでから、再度、見てまわりました。(笑))
という事で、今夜は全然スタイリッシュではありませんが、(笑) 大きな自然と、様々な命の調和というイメージで、ラフですが描いてみました。 
b0022138_211839100.jpg

トラックバックURL : http://kinji45.exblog.jp/tb/15997515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mickwood | 2011-07-24 21:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)